保育士直伝!保育園で子どもから大人気になれる手遊びのコツ♪

みなさんは手遊びをご存知ですか? 子どもと楽しい時間が過ごせる手遊びについて紹介します。保育実習を控えた学生の方や、初めての子育てをしているママさん・パパさんは必見です!

手遊び
手遊び

手遊びとは?

歌いながら、手を動かして遊ぶことを手遊びといいます。 手だけではなく、足や身体を使うこともあります。

手遊びとわらべうたの違い

違いはなく、同じです。 わらべうたは、昔からある遊びながら歌うものの代表です。 手遊びは、現代になって増えてきたものもあり、わらべうたに比べると歴史は浅いです。

手遊びはなぜいいの?

1歳を過ぎると、音楽をきいて身体を揺らしたり、踊ったりしませんか? 我が子もそうですが、好きな歌を歌ってあげると泣いていたのに泣き止んだります。 子どもは、歌が大好きです。 歌いながら、遊んだり、スキンシップをとったりするので、子どもがとても喜びます。

どういったものがあるの?

手遊びと聞いても知らないという人も多いと思います。 でも、やってみると子どものころに遊んでた!と思い出す人もいます。 1歳児でも真似しやすく楽しみやすい手遊びとして、「トントントントンひげじいさん」があります。 私も子どものころに何度もやって遊んでいた思い出があります。 トントントントン ひげじいさん トントントントン こぶじいさん トントントントン めがねさん トントントントン てんぐさん キラキラキラキラ 手は(おひざ) 「おひざ」のところを、「あたま」や「おなか」に変えて遊んでもおもしろいです。 知らず知らずのうちに身体のなまえを自然と覚えることもできます。 他にも「手をたたきましょう」や「しあわせなら手をたたこう」で一緒に手や身体を使ってみると喜びます。

スピードを変える

何度も同じことをしていると、1歳児でも飽きてしまいます。 なので、1回目は普通のスピードで歌ったら、2回目は速く、3回目は遅くなど、スピードを変えてみてください。 たったこれだけの工夫で、子どもは飽きずに続けてくれます。

おおげさに動く

恥ずかしがって、手遊びをちょこちょこやっても、子どもにあまり魅力的にはうつりません。 子どもの興味を引くのは、おおげさに大きな動作で行うことです。 まずは、大きな声で歌っておおげさにやってみてください。

手遊びは、どこでも遊べる

物を使わないので、手遊びはどこでもできます。 泣いている時や、落ち着きがない時、子どもの興味をひかせて集中させれば、子どもの心も落ち着きます。 ひとりで遊ぶのも大切ですが、時には一緒に手遊びをして親子でスキンシップしてみましょう。

著者

40代 保育士 / 神奈川県在住 女性
参考にさせていただいたサイト: 保育士求人

まとめ

いかがでしたか?最初はちょっと照れてしまうかもしれませんが、楽しんでくれる子どもの顔をみるとずっとやっていたくなりますね♪

保育士が教える「子どものケンカ」解決法!喧嘩の仲裁に入らないのが近道って本当?

子ども同士の衝突は保育園では日常茶飯事。子どもの喧嘩は些細なことが発端になります。おもちゃの取り合い、相手が悪口を言った・言わない、順番を抜かしたなどなど。書いたらきりがないほど、子どもは衝突を繰り返します。でも喧嘩で、意見がぶつかることは決して悪い事ではありません。喧嘩と聞くと、ついつい仲裁に入らなければいけない気になりますが、保育士が仲裁に入らない方が良い結果に繋がることもあります。仲裁したい気持ちをぐっとこらえて、ちょっと見守ってみませんか?

喧嘩
喧嘩

○子どもの喧嘩は子どもに任せてみよう

子どもは遊びながら、社会性を身に着けて行きます。月齢が進めば進むほど、人間関係の構築方法を学びます。それは間違いなく、子どもに取って糧となる「経験」です。その経験には喧嘩も含まれます。子どもには子どもなりの理由があり、それは時として意見としてぶつかります。それを大人が簡単にとりなしてしまうと、せっかくの経験が積めなくなってしまうのです。

子どもなりに意見をぶつけて、自分の意見が簡単に通らないことを知ると我慢や折り合いを覚えます。だからこそ、喧嘩が始まってもまずは見守ることから始めましょう。

 

○事態が収拾しない、または混乱してきたら、保育士の出番

年齢が低いとお互いに伝えたいことが伝わらず、もどかしさから手を出してしまうこともしばしば見受けられます。そんな時は保育士が間を取り持ちます。

それぞれの意見に平等に耳を傾け、それを代弁してあげます。保育士が言葉を伝えることで、子どもが納得して解決する場合があります。

 

○子どもが納得しなくても、その気持ちを否定しないで共感しよう

「悔しい」「悲しい」といった、喧嘩の中でどうしても両者納得を得られない場合は、子どもの気持ちにしっかりと寄り添って受容してあげましょう。感情を理解してもらうことで、子どもは落ちつきを取り戻しやすくなります。気持ちの安定を図る上で、寄り添うことはとても重要です。それが悪いことをしてしまった場合でも受け止めた上で、本当にそういうことをして良かったのか確認をしてみると、子どもも素直に自分を振り返ることが出来ます。保育士が寄り添ってくれることは、とても安心出来ることなのを忘れないで欲しいと思います。

著者

40代 保育士 女性 / 神奈川県在住
いつも参考にさせていただいているウェブサイト: 保育士求人

まとめ

いかがでしたか。大人と違って、子どもは喧嘩をしても仲直りすれば元通りになるとても柔軟性のある関係です。その関係をさらに柔軟に出来るのは、保育士の対応一つではないでしょうか。まずは子どもたちを信じて、見守って欲しいと思います。

保育士が教える!噛みつきぐせがある子どもへの対応方法

自分の気持ちを上手に伝えられずお友達や保育士に噛みついてしまう子がいます。噛まれて泣いてしまう子を見ると、ついつい怒ってしまいがちです。噛みつくことがその子の感情表現を上手に出来ない反応であることは分かっていても、噛まれた子どもにくっきり歯形がついているのを見ると、ついつい感情的になってしまう保育士必見。噛みつきを上手にフォローする方法を紹介したいと思います。

噛みつき
噛みつき

〇噛みつきのタイミングを知ろう

まずは、どんな時にその子が噛みつきをしてしまうのかをしっかり観察しましょう。お気に入りのおもちゃで遊びたいから?呼んだ子が振り向いてくれないから?自分のペースを乱されたくないから?など多様ですから、しっかり観察することから始めてみましょう。

 

〇噛みついてしまう、その子なりの理由を見つけて対処する(ケース紹介)

未満児クラスの女の子Aちゃんが、1つ年上の女の子Bちゃんにいつも噛みつくというケースがありました。その子の理由は、Bちゃんが大好きでBちゃん遊ぼうという熱烈なアプローチでした。この理由が分かれば、AちゃんがBちゃんに近づいたときに保育士がフォローすることで、噛みつきは予防出来ます。このように理由が分かると、保育士はしっかりフォローに入れるのです。

 

〇噛みつくことはいけないこと。でも理由を聞かないで叱ることは避ける

いけないことをしたとき、とくに噛みつく行為は相手の体だけでなく、突然噛みつかれたことで心にも傷を負ってしまいます。それは未然に防がなくてはなりません。けれども噛みついたことだけを怒っても根本の解決にはなりません。いけないことと叱ることも必要ですが、どうして噛んだのかをその子に寄り添い聞くことも大切です。自分の気持ちを伝えることが苦手な子に多く見受けられる噛みつき行為ですから、その子の気持ちを保育士が聞き出して代弁してあげれば徐々に感情を伝えることを覚え、噛みつかなくなります。

 

〇噛みつく子=悪い子ではない

園児たちは保育士の感情にとても敏感です。保育士の対応を見て噛みつく子が悪い子であるといった間違った認識をしてしまうことは避けなければなりません。どうしても上手にフォローできないときは無理をせず他の保育士に相談する、保育園全体でフォローしてもらえるようにすることも大切です。

著者

40代 女性 保育士 (神奈川在住)
今回参考にさせていただいた記事: 保育士求人

まとめ

いかがでしたか。保護者からすれば突然、わが子が噛まれたと聞けば驚き心配になると思います。噛まれてしまったことは素直に謝罪し、しっかりフォローしていくと伝えることも忘れないでください。時間はかかるかもしれませんが、きちんと子どもに向かい合うことで徐々に噛みつくことが減っていきますから子どものために頑張ってほしいと思います。

保育士が虐待で子どもの危険に気づいたときの対処法

子どもにはいつも笑顔で幸せにいて欲しい。そう思うのは親でも保護者でも同じです。しかしどの家庭も円満で幸せとばかりはいきません。時には目をそむけたくなるような現実があり、保育士も心を痛めるかもしれません。また虐待については残念ながら保育園内でも行われていることもあります。そんな場面に直面したら、あなたは保育士として何が出来るのでしょうか。子どもを守るために、保育士がやるべきことをまとめました。

虐待
虐待

○アザや怪我のあとなど、虐待には必ず痕跡が残る

日中、延長保育なら早朝から夜まで子どもを預かる保育園では、子どもにとって家庭の次に長く過ごす場所です。そして保育士は保護者に変わって子どもの心身発達をサポートする役目を担っています。そんな子どもの様子が何かおかしいと感じたら、まずどうするべきでしょうか。

虐待の判断要素で視覚的に捉えやすいのは、アザや傷あとが絶えないことです。またあり得ない場所(背中や足など)への火傷。こういった傷は、身体的虐待を疑います。

他にも、いつも汚れた洋服や下着しか着ていない・給食やおやつに異常な執着を見せる子はネグレクト(育児放棄)、いつもびくびくして、おどおどしている子や逆に相手を威嚇してしまう、必要以上の暴力を振るう子は心理的虐待(言葉による脅し、父親が母親にDV、無視)などが考えられます。他には性的虐待です。これは体に触れられることを極端に嫌がり、着替えを拒否するなどの様子が見られます。

このように、虐待には必ず子どもの異変が伴いますから、そのサインを見逃さないで下さい。

○虐待が疑わしい時に、するべきこと

虐待問題は一人の保育士で解決できる問題ではありません。特に主任や園長には必ず話をして、指示を仰ぎましょう。保護者の様子をしっかりと確認すると同時に、子どもに保育園(先生)はあなたを守るよ、というスタンスの元で事実確認をします。ここで大切なのは「聞き出す」ことはしてはいけないこと。また子どもは保育士に話すことで親からの報復を恐れます。子どもが落ち着いて話せる環境で、保育士(担任といった子どもに良く関わる保育士)と1対1で、この傷どうしたの?といった子どもが話しやすい質問から始めると良いでしょう。

 

○虐待は「疑い」の段階で通告しましょう

虐待で一番恐れることは、子どもの命を奪われてしまうことです。園としての体面や保護者との関係を気にするあまり、通告を躊躇うと取り返しのつかない事態を招いてしまうかもしれません。通告は「誰がしたか」という守秘義務は守られますので、そういった不安は抱く必要はありません。園がだめなら、保育士自らだっていいのです。何より子どもの安全を優先して判断して欲しいと思います。

著者

40代 保育士 女性 (神奈川県在住)

普段参考にさせていただいているサイトはこちら: 保育士求人

まとめ

いかがでしたか。虐待は許せない行為です。それが保護者であれ、保育士であれ、誰にも子どもを傷つけて良い人間はこの世に存在しません。そのことを念頭に置くと、虐待の痕跡に気づいたら保育士はどうするべきか…答えは一つだと思います。保護者もわが子への虐待に苦しんでいるなら、通告という手段が救える方法にもなることを、是非覚えていて欲しいと思います。

保育士直伝!保護者も悩む「遊び食べ」はメリハリを持って対応しよう

子どもの成長段階の一つにあるのが「遊び食べ」です。遊びといっても、子どもは食べ物を食べるものと認識しても、それがそもそも何かを感覚で探っている段階です。特に1~2歳の未満児に多く見られます。決して「遊んでいる」わけではなく、これって何?と一生懸命考えているのです。そんな子どもの疑問に寄り添いつつ、食べ物で遊ぶことはいけないことを教えていかなければいけません。特に保護者にとっては悩みの種ですから、保育士として積極的に関われるようにするためにポイントをまとめました。

 

遊び食べ
遊び食べ

○遊び食べの対処は、見守り声掛けをするところから

子どもの成長ですから遊び食べをしていることそのものを、頭ごなしに叱ることはしないで下さい。まずは見守り、様子によっては食べるように声掛けをしましょう。「美味しそうな○○だね~」や「○○はどんな味がするかな?美味しいかな~?」といった感じで食べることに意識が向くように声を掛けましょう。

 

○言葉を理解できる年齢なら、お約束してから食べる

成長にも差はありますが、2歳児クラスの年齢なら「お約束」してから食事をするのも良いですね。「ごはんを食べるときはどうしたらいいかな?」とパネルを使って視覚的に問いかけると理解しやすいです。歌や手遊びに積極的に取り入れるのもオススメです。

どんなに小さなことでも、お約束が守れたらしっかりほめてあげて下さいね。その積み重ねが遊び食べ解消に繋がります。

 

○どうしても駄目なら、一度食事を中断してみる

遊び食べの原因には食べたくないのに無理に食べさせているなど、子どもにとって食事に集中できない環境の場合も考えられます。見極める為に一度食事を中断してみましょう。「食べないなら、ごちそうさましましょう」など声を掛けます。遊んでいるとごはんが片付けられてしまうと、子どもに分かりやすく伝えるための方法です。

食べたいようでしたら、改めて遊ばないようにお約束をしてから「いただきます」をしましょう。もし食べたくないようでしたら体調不良の他に、家庭環境(夜更かしなど)が考えられますから保護者へ確認して下さい。

 

○スプーンを投げてしまう等、落ち着きがない子の場合

1歳児~2歳児はわざと落として保育者に拾わせることが大好きです。これはスプーンに限らずおもちゃなどでも良く行います。拾わせて、また落とす。この繰り返しが楽しいのです。ただ、食事の場合はいけないことですから、何度も繰り返すようでしたらスプーンや食器を片づけます。何度か繰り返すと、遊んでいると片付けられちゃうんだと理解します。年齢が低い子の場合は徐々に回数が減るように対応をします。

ある程度年齢があって、わざと落とす子は寂しい、保育士に自分を見て欲しいと行っている場合もあります。言葉が分かる年齢でしたら特に落とす事には過剰反応せず、淡々と対処しましょう。逆にしっかり食べられた時はオーバー気味に褒めたりすると良いですよ。悪いことをしなくても、自分を見てくれるのだと分かるときちんと食べてくれるようになります。

 著者

保育士 40代 女性 / 神奈川県在住

 まとめ

いかがでしたか。食べ物で遊ぶことは気持ちのいいものではありません。ですが、子どもの成長段階には避けて通れない「遊び食べ」です。いけないことだからと神経質にならず、でも月齢に合わせしっかり対処していくことが「遊び食べ」解消の近道となります。保護者からの相談にも、保育園の様子を合わせてアドバイスできる、そんな保育士でありたいですね。

保育士が教える「発達障害を持つ子ども」の保育で大切なこと

最近では、耳にすることも多くなった発達障害。 発達障害のことについてどこまで知っていますか? クラスに発達障害の子どもがいないから今はスルーしてていいかな?と思っていませんか? しかし、担任の子どもに発達障害がいてから勉強しては遅いんです。 今回は、発達障害のことについてご紹介しましょう。

発達障害
発達障害

■発達障害ってどんなこと?

発達障害とは、生まれつき脳機能に障害のある子どものことです。 もちろん子ども特有のものではありません。 発達障害は大人の中にもいます。 治ることはないと言われていますので、一生涯付き合っていくものになるんです。 ではどんな特徴があるのかというと ・コミュニケーション能力がない ・対人関係を築けない ・こだわりが強い ・衝動性を抑えられない などです。 発達障害を持っている子どもは親のしつけなどのせいではありません。 生活環境などによっても程度が変わってきますので、保育士の関わりも大変重要になってきます。 発達障害は、風邪のように症状が一律ではなく、多様であるということも理解しておきたいですね。

■発達障害は主な症状で呼び方が変わります

主な発達障害には、4種類あります。 特徴によって名前も変わってきますが、兼ね備えている所が多いのも特徴です。 それは ・自閉症・・・言葉の遅れ、コミュニケーション能力の不足 ・アスペルガー症候群・・・不器用、社会性の障害 ・ADHD(注意欠陥多動性障害)・・・集中力の欠如、衝動が抑制できない、じっとしていることができない ・LD(学習障害)・・・読み書きが極端に苦手 となっています。 それぞれに強く出る症状が違いますが、全て脳機能の障害が原因で起こります。 症状は、個人によって千差万別です。 なので、アプローチの仕方も変わってきます。 何が正解かなんて分からない、というのが発達障害に対する対処法になるんです。

■発達障害の子どもと向き合うためには

まず、クラスの中に発達障害の子どもがいるとなると、何をしますか? クラス運営がうまくいかないかもしれない、と不安になるでしょう。 確かに、発達障害の子どもはクラスの子どもと同じタイミングで同じことをすることは難しいでしょう。 しかし、クラスの子どもたちと寄り添っていくことはできます。 折角集団生活の中にいるのですから、保育士が「あの子は発達障害だから無理」と最初から決めて何もさせないというのは何の解決にもなりません。 色んな方法(絵カードや、予定表、1人になれるスペースの確保など)を実践してみましょう。 どの方法がその子にとって一番、過ごしやすいのか見極めていくことも必要です。 そして、療育に通っていると思いますので、療育の先生と連絡を密に取る、というのも、重要になってきます。

■著者

保育士 40代 女性 (神奈川在住)

■まとめ

いかがでしたか?「実習では実際に障害がある子どもと関わる機会がなかったから、ちゃんと保育できるか不安だな・・・」という方も、少し保育のイメージが持てたのではないでしょうか?両親、関係者と一緒に子どもに寄り添いながら、その子どもにとって一番良い保育を見つけていきましょう♪

保育園で早期発見!保育士が知っておくべき子どもの「学習障害」とは?

学習障害(LD)は言葉を話したり聞いたりすることが苦手、文字の判別や読み書きが出来ない・覚えられないといった障害を指します。保育時代は見過ごされ、小学校へ入学してから発覚するケースが一般的には多いとされています。

ですがこの学習障害が保育士によって気づくことが出来て、早期に対処することが出来ると小学校へ入学して始まる勉強へのフォローが一段としやすくなります。

障害、と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、保育士がきちんと理解を深めて対応するだけで子ども同士のトラブルも未然に防げるなどメリットが多いです。

ではどのようなものを学習障害と言うのか、特徴をまとめました。

学習障害
学習障害


 

〇保育士が気づける学習障害のポイント

学習障害は、学習を積極的に行わない保育園ではなかなか見抜きにくい障害です。ですが、分かりやすい特徴に右・左を認識出来ないことがあります。お箸を持つ手がどちらか分からない、おもちゃを片付ける棚や場所をいつも間違える・覚えられない、今日や明日といった簡単な時間感覚が分からないなどです。もちろん、お子さんの年齢にも差がありますが少なくても年長になると顕著に出やすいですから経過を追う事を忘れなく。

 

〇保育園で早期発見、学習障害の特徴

まず挙げられるのが、色んなお友達とトラブルになりやすい子です。特徴としては

ことによる衝突です。話し言葉の語彙が少ないといった言葉の遅れが目立つ子は、どうしても自分の気持ちを伝えられずに相手を叩いてしまうなどトラブルになりやすいです。

また製作などでは、折り紙を友達と同じように折れない・ハサミをうまく使えない、ノリをつけられないといった保育士が気づきやすい特徴もあります。

 

〇学習障害と断定する前に

気になる子どもの様子は園でしっかり情報共有をして下さい。必要であれば補助の保育士をつけることも検討しましょう。

ただそれが本当に学習障害なのか、ただ単に不器用なのか、または成長段階なのかの見極めはすぐには出来ません。気になる点があっても、それを保育士が学習障害と決めつけるのは早合点です。あくまでも保育の中で、出来ないことをフォローしながら様子を見ます。

もし保護者から、子どもの様子が気になると相談があったら園での様子を伝え情報共有をしましょう。

著者

40代 保育士 女性 (神奈川在住)

まとめ

いかがでしたか。学習障害と決めるのは簡単ではありません。親にとってはナーバスになってしまう問題でもありますから、あくまでも保育の中で気になる点を伝え、保育園全体でしっかり協力体制をとりながら日々の保育で子どもを見守りフォローしてほしいと思います。