メンタルヘルスのセルフケア方法

【楽な求人でもいい?】現役保育士オススメの「メンタルヘルスケア」


いいんですよ^^楽をしても。

前回・前々回と、保育士特有のメンタルヘルスチェック方法をご紹介してきました。

自分の心の健康を守れるのは、他でもなく自分です。
そこで、自分でできるオススメの「メンタルヘルスケア」をご紹介しましょう。

メンタルケアの方法
メンタルヘルスのセルフケア方法

意図的に涙を流す

リラックス作用が高く、気持ちが落ち着く行動として、涙を流すことが挙げられます。泣ける映画を鑑賞したり、読書をしたりして、意図的に涙を流しましょう。職場で心が苦しくなったときにこそ、1人で映画館に行ったり、DVDを借りてきたりして、思いっきり泣きましょう。

ご褒美に「大好きなスイーツ」

仕事が忙しく大変なときを乗り越えたら、自分にご褒美のスイーツを用意するのも効果的です。小さな楽しみをつくっておくことで、仕事への活力を得ることができます。もちろん、「ご褒美の与えすぎ」には注意してくださいね!

バスルームでリラックス

多忙なときほどシャワーだけになりがちだとおもいますが、湯船につかる行為には、全身の血行をよくすることで疲れを癒す効果が高いといわれます。大量の持ち帰り仕事に押しつぶされそうなときでも、湯船につかっているときは、仕事のスイッチをオフにしましょう。

脳の活性化には、早起きが有効

仕事から疲れて帰ってきた後に、夜遅くまで仕事するよりも、実は早起きして仕事に取り組んだ方が、効率よくできる可能性が高いです。眠いなら無理して仕事をするよりは、思い切って睡眠を取ることも重要です。

睡眠の質を高める

浅い眠りと深い眠り、眠りの種類は大きく2つあります。なかでも、深く眠るほど、疲れが取れやすいです。深く眠れるように、パジャマを薄着にする、枕は柔らかくすぎないモノを選ぶなどの工夫ができます。また、身体を温めることも大切なので、眠る前にコップ1杯のぬるま湯やノンカフェインの温かいお茶を飲むことも効果的です。

仕事以外に「趣味の手仕事」を

クラスの備品や行事の衣装など、保育士は手仕事の多さが特徴です。だからこそ、あえて仕事とは無関係な「趣味の手仕事」を楽しんでみてはいかがでしょうか。羊毛フェルトやレジンのビーズアクセサリーなど、手軽かつ短時間で楽しめるハンドメイドに挑戦するのもオススメです。

著者

神奈川県在住。藤沢で保育士やってます。40代女性

まとめ:ポイントは「頑張りすぎない」こと

保育士として働いている人の多くは、根が頑張り屋さんです。しかも、つい頑張りすぎてしまい、無意識のうちに心身の調子を崩してしまうことが珍しくありません。

オーバーワークになっていると感じたら、少しだけ「楽をしてもいいんだ」と考えてみてはどうでしょうか?ご紹介してきたようなセルフケアをやってみることもオススメです。また、職場を変えることで「さらに楽な働き方」を求めていくことも大切です。

子どもたちが笑顔でいられる先生になるためには、自分が心から笑顔になっていることが大切ですね。仕事でもプライベートでも、楽しいこと、心が弾むことを選ぶ癖をつけていきましょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です