恋愛

保育士は恋愛に疎遠?素敵な恋をゲットするために注意するべき点とは


保育士はまだまだ女の職場です。子どもと女ばかりの職場で、会う男性は当然保護者…。仕事も残業に持ち帰り、行事は2~3か月に1回で忙しい。これじゃあ出会いは遠のくばかり。そんな風に嘆いている保育士さんこそ知っていてほしい素敵な恋を引き寄せる為の注意点を紹介しますね。これを読めば、あなたも自身をもって素敵な恋に巡り合えるはずです。

 

恋愛
恋愛

○保育士のイメージと現実のギャップ

世間一般的な保育士のイメージは、「子ども好き」「優しい」「おっとりした女性の職業」「家庭的」といった感じです。これを見て「そんなこと、ないない」と思う保育士さんがほとんどではないでしょうか。保育士こそ、バリバリ働く女の職場です。未知数の子どもを何十人と相手にするのですから洞察力、判断力が求められるだけでなく、子どもと全力で遊ぶ体力、保護者と話をする会話力を備えたプロフェッショナルです。また仕事がハードな分、帰ったら寝るだけ…という人も多いのでは。給食を食べている保育士さんにはお弁当も縁がなく、自炊もままならないという現実もあるのでは。そして子どもには優しいけど、磨かれた洞察力と、保護者にもきちんと対応しなければいけない保育士は大人にズバリ物を言ってしまうこともあります。そんな保育士さんのギャップに引いてしまう男性が実は多いのも現実です。

 

○保育士と胸を張って言おう。それで引くような男はこちらから断ろう

保育士は先に書いたように、プロです。勝手な妄想を抱く男とは長続きしません。けれども、母性本能をくすぐられる男性に惹かれるのも確かに多いですよね。毎回付き合うのが子どもっぽい男性と言う人も多いのではないでしょうか。そんな男性の場合、保育士にありがちな残業などを理解出来ない人とは長続き出来ません。子どもっぽくても、社会的立場を理解しあえる上で甘えてくれる、そんな男性だと成就しやすいのではないでしょうか。

 

○注意したい、デート中の視線

保育士は休日でも、子どもや保護者と合えば「保育士」であることを忘れないで下さい。特に保護者に祝福される、そんな爽やかなお付き合いでいたいですよね。恋愛になると、周囲が見えなくなってしまう人は要注意。大人として、きちんと節度あるデートを楽しむことが保育士には特に求められます。子どもにとってあなたは常に大好きな保育士です。また保護者からの信頼を失うこともないようにしたいですね。

著者

40代 女性 (神奈川県在住 / 保育士)

 まとめ

いかがでしたか。ついつい仕事に追われて、女子として何かが足りないと感じている保育士さん。でも子どもと全力で遊ぶ姿は、本当に魅力的な女性です。そんな自分の良いところを隠そうとせず全面に出していることが、あなたに相応しい男性と巡り合える一番の近道ではないでしょうか。出会いが少ない方はお友達に相談してグループで遊んで、そこからさらに縁を広げてみるのも良いのはないでしょうか。素敵なご縁に巡り合えますように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です